報道といってもいろいろありますが、私が記せるのはたいして長いものではなくて

ぼくは報告を書くのが巧みだ。
報告といってもいろいろありますが、ぼくが記せるのは意外と長いものではなくて、たとえばウェブログやSNSに取り扱う報告くらいの長さのもの。
箇条は手答え執筆などいろいろですが、何かに関しまして調べてわかりやすく説明する感じを書くのも好きです。
ぼくはTwitterを通じているのですが、
Twitterの中で何かの手答えとか、その場の姿とかを触るのは、そこそこ心使って書き物するので、嬉しいだ。140キーワードの中にどれだけデータベースがわかり易く取り込めるか、ゲンコツの見せポジション。
この間Twitterの中で診察番組を通じて調べたら、ぼくは今までに文庫本5冊分け前を呟いてました。こういう結果には驚きました。ひとことは少ないのに、それだけ呟いていたんだなあと。ならば、長い報告も記せるのではと、挑戦してみたりするのですが、最近記せるのは2000ワードまで。それを超えるって急に難しくなるので、まだまだですね。斉藤孝医者は4000ワードが据置というおっしゃっているようです。
惜しくも!頑張ります。おすすめはこちら!